タグ別アーカイブ: 日本

ホーム・スクール

 何日か前、NHK BSの番組「街歩き(ワシントン)」を見ていたら(再放送みたいだったけど)、住宅街の中、どこかの家庭に上がりこんで行くシーン。
 小学低学年とおぼしき女の子2人がいる、この家庭。
 夫婦で、朝っぱらから、庭で遊んだり、お家でお絵描きしたり、料理を作ったりている。
「学校は?」の問いに、「行かない」のだそうです。
 学校は、宿題も多く、忙し過ぎるので、学校にはやらずに、夫婦で家庭で、教育をしているとか。
 では、いい加減な教育かと云うとそうでもないらしく、小学生の歳にして、将来は作家になるのだとかで、既に短編を書いているとか。
 学校にやらず、家庭で教育をするのを「ホーム・スクール」云って、ワシントンだけでも、1000くらいあるとか。

 義務教育をも夫婦で、引き受けるのは、社会に対しても、子供に対しても、それなりの責任を負うことになり、勇気もいるが、それを敢えてやる人達と、それを当然のごとく許容する社会。

 ひとと違うことをすると憎まれる、我が国では、とっても考えられない、無理な話かな?

 
 

昨日のほめけん

 昨日(4月11日)のほめけん」では、「日本はいい国か?」からはじまって、日本の教育に議論が移り、さらに発展。
 普段は、おとなしく聞いておられるだけの女性陣も、白熱して、口角泡を飛ばして、「家庭教育がなってない!からだとか、さらに、日本経済をおかしくしているのは、過度のグローバリゼーション=かくなる上は、江戸時代にもどって、鎖国が適当であるとか。
 いやいや、なかなか、面白かったです。
 国会で、毎日、不毛な議論をやっているより、安倍君を始め、文部大臣、財務、経済担当の大臣諸氏は、一度、ほめけん」の議論を傍聴(拝聴)しに来られたらどうかな?=オリジナリティー溢れる意見がイッパイで参考になると思うよ!

 「キリスト教は邪教です!」の記事に関連して。
 キリスト、イスラムの、この2大、排他的一神教は、1000年以上も抗争を繰り返している。
 イスラム原理主義に感化された若者が、テロを起こし、それに対して、報復の空爆とかの応酬を繰り返している淵源は、やはりこの2大宗教の果てしない対立である。
 地球がオカシクなろうとしてる時、キリスト教、イスラム教の指導者は、何を考えてるんだろう?=即刻、和解の手順に入るべし=和解によって、この問題のすべてが解決されないかも知れないが、問題の深刻さは随分と緩和される。
 せっかく、お金をかけて、日本で伊勢志摩サミットを開催するんだから、ついでに、ローマ法王と、イスラム教の最高指導者(カリフって云うのかな?)に声をかけて、招待して、伊勢神宮の神主さんに仲介してもらって、世紀の仲直りをさせるプランはどうでしょう。 

スーパ三和・スゴーイ!

 僕のうちでは、飲み水は、2リットル・ボトルの箱ずめを買ってます。
 近く起こる大災害に備えて、常に数箱をストックして、古いものから消費してます。=用意がいいでしょう!

 この箱買いは、たいて、近くの三和・東林間西口店でしてます。
 今日、買い物に行って、カートの上には、牛乳やその他をのせ、下の段に、水の箱を乗せて、
地下駐車場で、上の段のものだけ車に積んで、そのまま、家に帰ってきました。
 下段に大きな箱があるのに、それを忘れてね。=ぼつぼつ、ボケが来ているのでしょう。

 家に帰って、しばらくしてから、気がつきました。
 たしか、水を買ったが、それを車から降ろした覚えがないなぁ〜。
 まぁ、いいか、5百円玉を落したと思って、諦めよう。

 午後、遅く、三和のお店から、電話があり、「お客様に、お買い上げ頂いた水を預かっております。」
僕「どうして、僕だとわかるの?」
女性店員「10時から11時の間で、水の箱買をされたのは、お客さまだけです。」
僕「ありがとう。 明日にでも貰いに行きますので、預かっておいて下さい。 いや〜。スゴーイ!」って褒めたら。
女性店員「そうですか。」と平然とした応え。

 これが当たり前のことだと、される国は、世界ひろしといえども、日本だけじゃないでしょうか?
 日本はいい国です。