タグ別アーカイブ: 少子化

少子化問題

 この間、NHKスペシャルで、「少子化問題」について、各年代の人や、いろいろな仕事、立場の人を集めて、討論会をやってましたね。
 ご覧になった方も多いのでは、ないかと思います。

 少子化対策の予算が、少なすぎる。
 子供を安心して、産めるには、あと3兆円とか、8兆円とかが必要であるとか。
 ある国では、1人目は、600万円、2人になると、1900万円、3人となると、3600万円もらえる。
(数値は、覚えてないので、正確ではないが)

 それに対して、大蔵省で、予算を担当していたとか云う人が、そんなにお金をかけていたら日本は潰れるとか」喧々諤々の議論をやってました。

 でも、不思議なことに、出席者全員が、子供の数を増やすことが大前提になっていることでした。
 僕は、前々から疑問に思っていました。
「そんなに大騒ぎしてまで、子供の数を何故増やさなくてはならないのか?」を、この際、教えて欲しいのです。

 このまま、子供の数が減り続けると、将来の働き手が減り、年金や社会保障費を負担してくれる人がいなくなり、国がやっていけなくなる。」が理由と思われます。
 それって、今、生きている大人たちの都合ですよね?
 これから、生まれてくる子供達は、厳しい受験戦争、猛烈な詰め込み教育、を経て、社会に出たら職はフリーターか、ブラック企業かと云うことが予想される、この世へ、本当はでてきたくないでしょう。

 国の政策によって、むりやり、この世にひっぱりだされた子供たちから、将来恨まれないようにした方がいいのでは?