もし暇かあったら、ちょっと教えてもらいたい

標記のタイトルで、友人からメールが届いた。
 
 有名な作曲家が一生のうちに6000曲も作曲したとか云う話がある。
ただ、楽譜を正確に書き写すだけでも、こんなに沢山の作業は出来ない。何か秘密があるのではないかと思っていた。いろいろ調べてみると、作曲と云っても、、大体パターンがあって、自動的に作れる要素があることを知りました。その中で、melomeloという自動作曲のフリーソフトをみつけた。下記からダウンロードできます。

melomelo

これは、曲の性格を指定するだけで、自動的にコードの進行が作成され、そのコードの進行を基に自動的に曲が作られていくもので、やるたびに、違う曲ができてくるという不思議なものです。

 しかし、フリーソフトですから大したことをやっている筈はない。恐らく、コードの進行がいくつかあって、曲の性格から、コードの進行を適当に選択して、ある音符からどの音符を選ぶかの確率を設定をしておいて、コードで使われている音符を、順列組合せの場合の数だけランダムに組み替えるだけのものらしい?この確率の設定は、音の並びによってドミナントとかいろいろな性格があって、どの音符に飛びやすいとかの性格が決まっているらしい。これだと、何曲でも瞬時で作れる。

 これは、私が想像しているだけで、本当のところは分かりません。フリーソフトだから大したプロテクトもかかっていないと思うので、水田君ならどんなアルゴリズムになっているのか分かるのではないかと思ってメールしました。

 これはどんなソフトを使って、作っているのでしょうか、また大体のアルゴリズムは読み取れるのでしょうか。そして、どのようなアルゴリズムになっているのでしょうか?
別に作曲をしようと思っている訳ではありませんので、急ぎませんが、分かったら教えてください。

 友人」と云うのは、ほめけん」のバーチャル・トラベルで、「地中海クルーズ」に登場した、T君です。
何方か、答えてやってくれませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 × two =