日本はいい国ですか?

 ネットで、「日本はいい国ですか?」って質問している人がいます。
答えはいろいろですが、
・日本は犯罪率が低い
・日本は食べ物が美味しい
・日本は伝統文化がある
・高水準の技術力がある
・教育水準も高い
・親切な国民性

などなど。 概して、皆さん、日本を高評価してますね。

 加藤登紀子さんがどっかの雑誌に、『日本という言葉を発する時に、絶えず嫌悪感の匂いが私の中に生まれその言葉から逃れたい衝動にかられる』と書いたのを、
 曽野綾子さんが、『だったら、何も日本人でいることはない。永住を許可したり国籍を与えてくれる国があるのだから、日本を憎む人達は、さっさと他国人になる事を勧める』とか言ったとか。

 笑ころで、海外経験の豊富な方、住むのに日本より、いい国って、ありますか? 

 その、曽野綾子さんの本を読みました。(非常識家族)

 彼女の随筆を読むのは、理屈が、こ難しく、途中で投げ出すのが多いのですが、これは、小説なのか、随筆なのかわかりませんが、笑いながら読めて、面白かったです。
 日本だか、日本の教育システムだか、今の日本人だかを痛烈に、批判してます。

 ぶつぶつ、文句を言いながらも日本人であることに感謝しながら、生きていきましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 8 =